35年にわたる就活指導。放送・出版・エンタメ・広告コンサル・食品・化粧品・生活など

🌺🌺 「25卒 個別ゼミ 」  =ESの差別化・新たな自己Pやガクチカ・業界研究&対策・やりたい仕事案・動画・課題・GD/面接・差別化 etc=

「個 別 ゼ ミ
 
「5つの特徴」
 
1,個別アドバイス
 
2,自己PR/ガクチカをブラッシュアップ
 
3,目立つ仕事案に
 
4,通るESや話せる面接に
 
5,受かるためのアドバイス
 
 
・就活は「自分を発表する」場所です。引出しが少ないと「自己P/ガクチカ/チームでやった事」をESに書けず面接でも話せません。この塾ではあなたに合った「新たな引き出し・自己PR・視点」を個別にアドバイスし、更に希望者にはグループで新たな事に取り組んでもらいます。また近年増えている「やりたい仕事」について、目立つアイディアを出しをします。
個別アドバイス

採用側の視点に立ち、ES通過後の面接を意識した添削・アドバイスをします。

模擬面接

面接で話す内容のアドバイス、面接官が食い付くアドバイスを行ないます。

塾生同士の交流会

塾生同士でのESのエピソード(自己PR・ガクチカ)作りや情報交換会、を定期的に実施します。

 
・特典・
24卒の150社のES内容や動画テーマなどがわかる、当塾専用サイトにご案内します。
 

 

【対  象】

放送局・出版社・エンタメ・広告・新聞・食品・飲料・生活・不動産・コンサル・IT・鉄道・大手企業志望の方

1,25卒や既卒の方で、個別アドバイスを希望の方

2,自己PR・ガクチカを 増やしたい方通るESを書きたい方ESの質を上げたい方。

3,やりたい仕事(案)」の新案やヒントが欲しい方

4、「ES書いてみたけどこれで良いのか分からない・・」就活のプロに見てもらいたい方。

5,「面接が苦手」を早期に解決したい方

6,体育会や理系(実験)でとにかく忙しい方。

7,周りに同じ業界志望の仲間がいない方。周りがまったりしている

8,再度就活をしたい社会人・既卒の方

9,大学受験をちょっと失敗、就活で上位会社に行きたい方

10,動画がどうも苦手な方

11,甘くなりがちな自分に喝を入れてほしい方             

12,マニュアルでは勝てそうもない、ESの質を上げたい方         

13,留学生で日本のエンタメやマスコミに就職したい方

14,海外の大学に留学中の方で、現地からES・面接アドバイスが欲しい方

など、1つでも当てはまる方、一緒に頑張りましょう!

 

【個別ゼミでやること】

・「目立つES &動画に!」

ESに書く引出しや面接で話せるエピソードなど、特に「やりたい仕事案」と「これから何をやればネタが増えるか」を具体的にアドバイスします。また「これからやる事・引出し作り」や「新たな視点」など、引出しの増やし方を具体的にアドバイスします。   

・あなたに合った「自己P」や「ガクチカ」ネタの作り方を教えます。

「やりたい仕事」の 新案やヒントを具体的に伝授します。

・志望業界に「必要なマインド」「アンテナ」のポイントを伝授します。

・書いたESに対して具体的にアドバイスします。

・模擬面を繰り返し、面接官が好む受け答えやネタなどを具体的にアドバイスします。

・自由記述欄の内容や写真は何が良いか、具体的にアドバイスします。

・作文対策やグルディスのポイントを伝授します。

・「動画撮影」

希望の方には動画の撮影をします。設問にあった内容(セリフ)のチェックから、実際の撮影までします。(都内のみ。50分ですが2コマ分のカウントになります。交通費不要)

 

・ES締切カレンダー

どれだけ準備をしていても、うっかり締切日を忘れてしまう事は、就活生にとっては命取り。業界別の就活カレンダーを共有しリマインドすることでこうした失敗を防げます。また未チェックだった会社の締切情報など慌ただしい就職活動中には、調べる手間が省けるだけでもメチャ負担が軽くなります。(24卒はインターン77社、本採用133社、情報98掲載)。

またESや面接で目立つネタになる「体験イベント」、行った方がいい場所、おすすめテレビ・マンガ・ライブなど、あなたの感性・五感を刺激する情報を提供します。

・締切日・
・11/3      JAL
・11/6    テレ朝①(デジタルコンテンツ)・ベネッセ・ANA(CA)
・11/7    凸版
・11/9    博報堂・IBM
・11/10  日本テレビ 本採用(制作・報道)・アサヒビール
・11/12  共同通信・読売新聞
・11/13  テレビ東京(スポーツ・ビジネス)・テレ朝②・TBSデザイン
・11/14  バンダイ・スターツ出版
・11/15  講談社(3days)
・11/20  電通・ADK・ポニーキャニオン
・11/21   TBS(テクノロジー)・住友商事・日清食品
・11/22   東京ドーム
・11/24   文藝春秋
・11/28   電通
・11/30   電通・朝日放送(本選考)・味の素・ハウス
 
・12/4   読売テレビ(本選考)
・12/6   毎日放送(本選考)・ベネッセ
・12/8   フジテレビ(本選考)・三菱地所
・12/15  JAL
・12/18  TBSスパークル
 
2024
・2/5  集英社(本選考)・講談社(本選考)
・2/8  小学館(本選考)
etc
 

<新たな引出しが出来る>

「チームでエピ作り」

 11月組 (初回打合わせ 11/19(日)23:00〜 )

昨年は3つのグループが2〜3ヶ月かけてそれぞれあることに挑戦し、ESのエピソード(「自己PR」「ガクチカ」や「チームとしてやった事」として書きました。初回は大熊から案を提案します。参加者が意見やアイディアを話して実行していきます。費用は数千円程度。ミーティングは週1〜2回(ZOOMで23:00〜23:50)のペースで行い、11月上旬フュニッシュを目指します。途中からの参加可能。

 

・ZOOMの会

 (塾生同士の情報交換会)

活の情報や愚痴、OB訪問どこまでやったやWeb対策や「ESかけないよね」など、塾生同士の情報交換&就活の話し(「だよね〜」「なるほど」)など、ざっくばらんトークの会です。(個別の回数にはカウントしない受講生同士のオープンの会です。

11/18(土)、26(日)の共に23:00〜

 

・対面アドバイス会・

対面(直接)アドバイスの会です。その場でESのアドバイスやブラッシュアップ&引出しや視点の作り方や面接アドバイスなど。終了後は他の塾生とのお茶会(情報交換)などが出来ます。月1〜3回実施。詳細は塾生の掲示板でお知らせします。

次回 11/25(土)16:00〜

 

・イベントツアー

新たなESや面接ネタ(場合のによってはあなたらしい写真)など、ESに書ける&面接で話すネタを増やすことが出来ます。引率します。(日時・内容は塾の掲示板でお知らせします。月1〜5回実施

 

テレビ志望・カリキュラム

1回目・・以前提出したESを読んで、どこが良いのか悪いのか、自己PRやガクチカはどのエピソードをどのように書いたらいいか、仕事案を良くするにはどうしたらいいか、など提出物を具体的にアドバイスします。

2回目・・下書きしたフジテレビ本採用のESブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

回目・・下書きしたフジテレビ本採用 2回目の  ES・動画のブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

4回目・・自己PR動画撮影(もしくは、撮影した動画のフィードバック)

5回目・・下書きした朝日放送のESのブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

回目・・「これから間に合う体験・経験、5つのアドバイス」。

回目・・下書きした読売テレビ本採用のESのブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

8回目・・下書きした読売テレビ本採用の2回目のブラッシュアップESアドバイス→メールによるES添削を数回。

9回目・・下書きした毎日放送本採用のESのブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

10回・・模擬面接を実施しESの関連性をアドバイスします

11回・・下書きした関西テレビ本採用のES/動画のブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

12回・・下書きしたテレビ東京本採用のES/動画のブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

13回・・自己PR動画撮影(撮影した動画のフィードバック)

14回・・下書きした中京テレビ本採用のESのブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

15回・・下書きした東海テレビ本採用のESのブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

16回・・放送局・模擬面接ブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

17回・・放送局・模擬面接ブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

18回・・放送局・模擬面接ブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

19回・・放送局・模擬面接ブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

20回・・放送局・模擬面接ブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

21回・・放送局・模擬面接ブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

22回・・放送局・模擬面接ブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

23回・・放送局・模擬面接ブラッシュアップアドバイス→メールによるES添削を数回。

以降、ES添削や模擬面接を実施します。

・受講料や申込みは下の方にあります。

 

出版志望者・カリキュラム

<受講イメージ> 30回コースの例
 
1回目・現在の自己PRや学チカ、どのエピソードを選んでどのように書いたら良いか。受講生の個性や人柄が出るようにアドバイスします。
2回目・出版志望者としてこれやる事(引出し・体験を増やす案)伝授。
3回目・「集英社のES」書いてみた。どこを直せば良いかアドバイス
4回目・「講談社のES」書いてみた。修正アドバイス
 他に
・「出版内定者Aさんからの内定アドバイス」
・「志望者同士のZOOM懇親会」
 
5回目・25卒各出版社ES発表。「書き方と差別化」完全アドバイス
6回目・出版業界のマーケットと展望と仕事案。
7回目・「集英社のES」2回目、修正アドバイス
8回目・「講談社のES」2回目、修正アドバイス
 他に
 ・「出版内定者Bさんからの内定アドバイス」
 ・「志望者同士のZOOM懇親会」
 ・「出版業界トレンド・編集者・作家などの番組 放映」
 
9回目・「小学館のES」、修正アドバイス
10回目・「KADOKAWAの ES」修正アドバイス
11回目・(希望があれば)軽く出版社向け模擬面接
 他に
 ・「出版内定者Cさんからの内定アドバイス」
 ・「志望者同士のZOOM懇親会」
 ・「出版業界トレンド・編集者・作家などの番組 放映」
 
12回目・「集英社のES」3回目アドバイス→メール添削複数回

13回目・「講談社のES」3回目アドバイス→メール添削複数回

14回目・「小学館のES」2回目アドバイス→メール添削複数回
15回目・「KADOKAWAのES」2回目アドバイス→メール添削複数回
  他に
 ・「志望者同士のZOOM懇親会」
 
16回目・「文春・新潮社のES」修正アドバイス→メール添削複数回

17回目・「白泉社・秋田書店のES」修正アドバイス→メール添削複数回

18回目・「ポプラ社・福音館のES」修正アドバイス→メール添削複数回
19回目・「内定者が作った筆記試験予想問題」   
            
20回目・集英社社模擬面接。
21回目・講談社模擬面接。
22回目・小学館模擬面接
23回目・KADOKAWA模擬面接。
24回目・白泉社社模擬面接。
25回目・秋田書店模擬面接。
26回目・文春模擬面接
27回目・新潮社模擬面接。
 ・
 ・
以降、個別アドバイス・ES添削・模擬面接を実施します。
 
・受講料や申込みは下の方にあります。

 

エンタメ志望の方・カリキュラム例

1回目・・自己PRどのエピソードをどのように書いたらいいか、写真をどうしたらいいか、動画で何を話したらいいか、など提出物の内容を具体的にアドバイスします。

回目・・新たな「体験ネタ」「引き出し」案のアドバイス。

3回目・・下書きしたソニーミュージックのESのアドバイス→メールによるES添削を数回。

4回目・・下書きしたエイベックスのESアドバイスメールによるES添削を数回。

5回目・下書きしたポニキャニのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

6回目・・下書きしたキングレコードのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

7回目・・下書きしたビクターのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

8回目・・下書きしたジェイストームのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

9回目・・下書きした日本コロンビアのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

10回目・・模擬面接

11回・・下書きしたアミューズESアドバイス→メールによるES添削を数回。

12回目・・下書きしたホリプロESアドバイス→メールによるES添削を数回。

13回目・下書きしたワタナベエンタESアドバイス→メールによるES添削を数回。

14回目・・下書きした吉本のESアドバイス→メールによるES添削を数回。

15回目・・下書きしたジャニーズESアドバイス→メールによるES添削を数回。

16回目・・下書きしたロッキングオンのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

17回目・・下書きしたWOWOW・スカパーのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

18回目・・下書きしたニッポン放送・J-WAVEのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

19回目・・下書きしたテレビ局のESアドバイス→メールによるES添削を数回。

20回目・・模擬面接アドバイス

以降、ES添削や模擬面接を実施します。

・受講料や申込みは下の方にあります。

 

食品志望の方・カリキュラム例

1回目・・自己PRどのエピソードをどのように書いたらいいか、写真をどうしたらいいか、動画で何を話したらいいか、など提出物の内容を具体的にアドバイスします。

回目・・新たな「体験ネタ」「引き出し」案のアドバイス。

3回目・・下書きした明治のESのアドバイス→メールによるES添削を数回。

4回目・・下書きした味の素のESアドバイスメールによるES添削を数回。

5回目・下書きした日清製粉のESアドバイス→メールによるES添削を数回。

6回目・・下書きしたニチレイのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

7回目・・下書きした日清食品のESアドバイス→メールによるES添削を数回。

8回目・・下書きした森永乳業のESアドバイス→メールによるES添削を数回。

9回目・・下書きした雪印メグミルクのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

10回・・下書きしたキッコーマンの ESアドバイス→メールによるES添削を数回。

11回・・下書きした日本ハムESアドバイス→メールによるES添削を数回。

12回目・・下書きした伊藤ハムESアドバイス→メールによるES添削を数回。

13回目・下書きしたハウスESアドバイス→メールによるES添削を数回。

14回目・・下書きしたキューピーのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

15回目・・下書きしたカゴメESアドバイス→メールによるES添削を数回。

16回目・・下書きしたSB食品アドバイス→メールによるES添削を数回。

17回目・・下書きした森永製菓のESアドバイス→メールによるES添削を数回。

18回目・・下書きしたカルビーのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

19回目・・下書きしたグリコのESアドバイス→メールによるES添削を数回。

20回目・・模擬面接アドバイス

以降、ES添削や模擬面接を実施します。

・受講料や申込みは下の方にあります。

 
このように、内定に向けた「自己PRや志望理由・やりたい仕事案」のアドバイスから「ESブラッシュアップと面接の一貫指導」をします。

また書いたESを送信→24時間以内にフィードバック・添削して返信します。

理想は下書きしたA社のESをもとに個別ゼミを1回、ES添削2〜3回・・。これを繰り返せば「内定レベルのES」になります。

【講師】大熊明俊・内定者・業界人ゲスト講師

【受講形態】ZOOM

【受講回数】

①個別40回コース・50分×40回 メールES添削会社数・作文添削回数共に無制限

②個別30回コース・50分×30回メールES添削は30社まで。1社4回まで添削可能。作文添削20回まで)

③個別20回コース・50分×20回 (メールES添削は20社まで・1社3回まで添削可能。作文添削10回まで)

④個別10回コース・50分×10回 (メールES添削は10社まで・1社2回まで添削可能。作文添削5回まで)

1回25分だけの受講も可能です。25分を2回で1コマ50分の利用になります。1コマの中で2社のESアドバイスやA社の模擬面接とB社のESアドバイスなど、時間内に何を実施するかは自由です。

・実施は10:30~20:30(開始)の中から毎回自由に選択できます。

・LINEで日程予約が可能です。

・ES添削は1日1社まで。(年末年始・日曜はお休み)

・受講の有効期限は2024/7/30までです。

【受講料】(入学金は不要。※金額は税込み、ES添削・採用情報代 込。入塾後の返金はご遠慮下さい。)

割引(11/30まで)

個別40回コース

・一括 79,000 69,000円

特典「就活本2冊」進呈

①「業界地図 2024版」(東洋経済新報社)

  ②「最新最強 SPI (最新版)」(成美堂出版)

 

個別30回コース

・一括  69,000→ 59,000

特典「就活本1冊」進呈

  ①「業界地図 2024版」(東洋経済新報社)

or

  ②「最新最強 SPI (最新版)」(成美堂出版)

個別20回コース

・一括 57,000 49,000円

個別10回コース

・一括 36,000円→ 33,ooo円

【申込み】申込みはこちら

【お支払い】

①カード払い

(VISA、Master、AMEX、JCB、ダイナース。

お支払いは1回扱いです。メールでの決済が可能です。

②銀行振込

(ゆうちょ・三菱UFJ・みずほ・三井住友)

申込み3日以内にお願い致します。

(※ゆうちょ店名 10120 店名は「イ」です)

【よくある質問】

Q,いつから受講できますか?

A,受講日が確定すれば、明日or明後日も可能です。

Q,目立つ自己PRがないのですが、今からでも間に合いますか?

A,間に合います。具体的なエピソードをアドバイスします。

Q,地方在住ですが受講は可能ですか?

A,可能です。zoomで実施しています。

Q,自己PR動画のアドバイスも可能ですか?

A,可能です。話す内容も修正アドバイスします。

Q,初回時に送信するものはありますか?

A,こちらから受講シートを送信します。

Q,キャリアセンターとの違いは何ですか?。

A,①新たな引出し・ネタの提案。②業界向けの仕事案の提案・ヒント出し。

 ③塾生の引出しをあれこれ聞き出し、かつキャラを把握しての指導

 (キャリセン、毎回担当が異なるケースが多いです)

Q,倍率が高いのが気になるのですが・・。

A,大学入試はあるデータ(全国模試・偏差値)をもとに勉強して受ける人が多いのでその数字は正しいと思いますが、就活は「大手だから」「有名企業だから」「周りが受けるから」しかも受験料もかからないので、受ける人が多いです。しかし「本気で準備」して受ける就活生は多くないので、就活における倍率を気にする必要は全くありません。

以上